佐々木忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々木 忍(ささき しのぶ、1975年10月28日 - )は盛岡競馬場の桜田勝男厩舎所属の元騎手である。

勝負服の柄は胴白星ちらし、袖白縦じま。宮城県登米郡出身。血液型はA型。

来歴[編集]

水沢・阿部三郎厩舎所属の騎手としてデビュー(その後、盛岡・佐藤敏彦厩舎に移籍している)、1995年10月14日初騎乗(ゼンペイプリンス・6着)、初勝利は同年10月21日(ヨシゼンボーイ)。初年度は66回の騎乗で8勝を挙げる。2年目は7勝に終わったが、3年目にシルバーステッキ賞で特別初勝利を挙げるなど27勝と勝ちを伸ばした。その後、成績が伸び悩んでいたが、2001年に桜田勝男厩舎に移籍すると次第に成績を上げていき、2002年には52勝を挙げる。2003年はOROカップでトミケンブライトとのコンビで重賞初制覇。その後、デンゲキヒーローの主戦騎手となり、この年の北上川大賞典を制覇。勢いを買って挑んだ東京大賞典でも4着に入る健闘を見せた。これらの活躍により、自身の騎手としての知名度を上げる事となった。

2010年12月2日付けで引退した[1]

主な騎乗馬[編集]

  • デンゲキヒーロー(2003年北上川大賞典、2003年東京大賞典4着)
  • トミケンブライト(2003年OROカップ)

人物・エピソード[編集]

  • 2009年、三本木テレトラックに応援コーナーが設置され、パネル、勝負服、サイン等が展示されている。

脚注[編集]