住沢博紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

住澤 博紀(すみざわ ひろき、1948年 - )は、日本の政治学者日本女子大学家政学部家政経済学科教授。専攻は、ドイツ現代政治、社会民主主義論、地域政党論。

三重県生まれ。三重県立津高等学校卒業。京都大学法学部卒業。1973年1988年まで西ドイツに滞在。フランクフルト大学で博士号取得。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『自治体議員の新しいアイデンティティ――持続可能な政治と社会的共通資本としての自治体議会』(イマジン出版, 2002年)

共編著[編集]

訳書[編集]

  • オスカー・ラフォンテーヌ『国境を超える社会民主主義――変貌する世界の改革政治』(現代の理論社, 1989年)
  • オスカー・ラフォンテーヌ『社会民主主義の新しい選択――もうひとつの進歩』(現代の理論社, 1990年)