伏完

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
伏完
清代の書物に描かれた伏完
代の書物に描かれた伏完
後漢
不其侯・侍中
出生 不詳
徐州琅邪郡東武県(現・山東省諸城市
死去 建安14年(209年
拼音 Fú Wán
主君 献帝

伏 完(ふく かん、? - 209年)は、中国後漢末期の人物。後漢最後の皇帝献帝皇后伏寿(伏皇后)の父。不其侯・侍中徐州琅邪郡東武県(山東省諸城市)の出身。父は伏質(大司農)。妻は劉華桓帝の娘の陽安公主)。子は伏徳伏典

生涯[編集]

済南伏生・伏勝の子孫。伏勝の八世伏理太傅)、伏理の子伏湛(大司徒・陽都侯)、伏湛の四世伏晨の曾孫。伏無忌の孫(侍中・屯騎校尉)にあたるという名門の出であり、皇帝の娘婿として名声が高く、荀彧と親しい仲にあったと言われている。

196年、献帝は洛陽で宮廷を営むと、伏完を輔国将軍・儀同三司とした。しかし伏完は曹操が、自分が外戚の地位にいる事を疎んじているのを見て、印綬を返上した。その上で中散大夫に任命され、やがて屯騎校尉に職を移した。

200年董承らが曹操暗殺のクーデター未遂事件を起こすと、曹操は献帝の子を妊娠している董承の娘の董貴人さえも処刑した。これに伏皇后は戦慄し、父に曹操は残忍ゆえ排除すべきだという手紙を送った。しかし、伏完が曹操排斥の動きをとらないまま209年に死去すると、子の伏典が後を継ぐことになった。

214年、伏皇后が「曹操の排除」を唱えていたことが明るみに出ると、曹操は伏皇后を「廃后」に処し幽閉した。また伏氏の宗族を処刑した。さらに母方であった陽安公主の一族は、幽州に追放された。これにより曹節が皇后に立てられた。漢王朝の外戚は伏氏が排除されることにより、曹氏へ代わることとなった。

『三国志演義』の描写[編集]

小説『三国志演義』では、献帝が曹操に対してクーデターを起こして失敗した時、処刑された董承の恨みを晴らそうと、伏皇后と共謀して曹操打倒の策を練る。この時、皇后は父に対して書状をやり取りし連絡をとるが、その書状が曹操の手に渡ってしまう。このため、曹操の手によって伏完と伏皇后、そして一族は謀反を企んだとして全て処刑されている。また、伏皇后処刑後に曹節が皇后として輿入れし、曹操による専横がさらに強くなった事にされている。