伊豆川浅吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊豆川 浅吉(いずかわ あさきち、1903年明治36年)11月3日 - 1968年昭和43年)8月24日)は、日本の水産学者歴史学者である。元東京水産大学教授。専門は漁業史水産経済学

略歴[編集]

1903年11月3日、神奈川県小田原市に生まれる。1925年横浜高等工業学校応用化学科を卒業する。1927年旭水産に入社し、1928年小田原市場に入社する。

1935年法政大学経済学部を卒業し、1937年法政大学大学院を修了する。東京帝国大学助手などを経て、1948年鹿児島水産専門学校教授(後の鹿児島大学水産学部)に就任する。1950年、『日本鯨漁業の経済的研究』で農学博士九州大学)を取得する[1]1954年に東京水産大学教授に就任し、1967年に退官する。

1968年8月24日に死去する、64歳没。

著書[編集]

  • 『土佐捕鯨史』(上・下)(日本常民文化研究所、1943)
  • 『日本鰹漁業史』(上・下)(日本常民文化研究所、1958)

共著[編集]

編集[編集]

参考[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本鰹漁業の経済的研究”. 2013年7月1日閲覧。

関連論文[編集]