伊藤高史 (社会学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 高史(いとう たかし、1967年 - )は、日本の社会学者同志社大学教授。専門はメディア社会学。

来歴・人物[編集]

東京生まれ。1989年学習院大学法学部卒、1998年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了、「差別的表現の自主規制と表現の自由 表現の自由への新しいアプローチを目指して」で博士法学)。1991年社団法人日本新聞協会職員、2004年慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所助教授、2006年創価大学文学部助教授、2010年教授[1]、2014年同志社大学社会学部教授。

著書[編集]

  • 『「表現の自由」の社会学 差別的表現と管理社会をめぐる分析』八千代出版 2006
  • 『ジャーナリズムの政治社会学 報道が社会を動かすメカニズム』世界思想社 2010

共著[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『ジャーナリズムの政治社会学』著者紹介

外部リンク[編集]