伊藤逸平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 逸平(いとう いっぺい、1912年9月5日 - 1992年12月18日)は、日本の写真・漫画評論家。

略歴[編集]

愛知県出身。本名は武夫。1936年日本大学芸術学部卒。1941年玄光社に入社。1943年より「写真文化」(のち「写真科学」)編集長を務め、映像、絵画、漫画、グラフィックデザイン等の批評運動を行なう。「カメラ」の編集長となり写真評論に活躍。1946年イヴニングスター社の専務兼編集局長として漫画風刺雑誌「VAN」を創刊、編集長として谷内六郎らを発掘した。漫画評論家の草分け[1]

著書[編集]

  • 『こどものくに』玄光社 1943
  • 『日本写真発達史』朝日ソノラマ 1975
  • 『日本ヌード写真史』朝日ソノラマ 1977
  • 『日本新聞漫画史』造形社 1980

編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]