伊藤源之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 源之助(いとう げんのすけ、1909年6月 - 1986年12月20日[1])は、歌人

千葉県生まれ。1928年京華商業学校(現京華商業高等学校)卒。歌誌『常春』『現実短歌』をへて『冬雷』『暦象』同人[2]

著書[編集]

  • 『生活の河 歌集』潮汐社 冬雷叢書 1969
  • 『続生活の河 歌集』潮汐社 冬雷叢書 1971
  • 『続々生活の河 歌集』短歌新聞社 冬雷叢書 1973
  • 土屋文明論』五月書房 1974
  • 宮柊二人と作品』白玉書房、1977
  • 吉野秀雄』愛育出版 1980
  • 『太東集 歌集』四季出版 四季文庫 1985
  • 『伊藤源之助歌集 六号地』芸風書院 日本現代歌人叢書 1986
  • 『短歌に関する十二章 新撰短歌読本』芸風書院 1986
  • 『波濤 歌集』石川書房 1986

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『吉野秀雄』著者紹介