伊藤十蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊藤 十蔵(いとう じゅうぞう、1817年文化13年)12月 - 1896年明治29年)3月19日)は、幕末武士。初代内閣総理大臣伊藤博文の父親[1]。本姓は林[1]

経歴[編集]

最晩年の十蔵

周防の束荷村(現在の山口県光市(旧・熊毛郡大和町))の農民の子として生まれる[1]1855年嘉永7年)に家族と共に上洛し、萩藩の会計事務を務めた[1]

後に藩の仲介役だった伊藤直右衛門の養子となり[1]、伊藤姓に改姓する。1864年文久元年)に起こった禁門の変にて藩が敗れた事により帰藩後、南園隊に属した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 伊藤十蔵”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク). 2022年2月8日閲覧。