仲嶋一範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

仲嶋 一範(なかじま かずのり、1963年7月 - )は、日本の医学者慶應義塾大学医学部解剖学教室教授。東京慈恵会医科大学客員教授を兼務する。中枢神経系の形作りを制御する分子・細胞メカニズムの解明など、神経系を中心に幅広く研究を行っている。

略歴[編集]

  • 1982年 栄光学園
  • 1988年 慶應義塾大学医学部卒
  • 1994年 大阪大学大学院医学研究科博士課程修了 大阪大学 医学博士 論文の題は 「Novel Isoforms of Mouse Myelin Basic Protein Predominantly Expressed in Embryonic Stage(胎生期に優位に発現するマウスミエリン塩基性蛋白質の新しいアイソフォーム) 」。

[1]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]