仁礼景雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仁礼 景雄(にれ かげお、1884年10月10日 - 1926年8月)は日本の昆虫学者。

子爵仁礼景範の三男。軍人を目指して海軍兵学校に入るも病を得て中退、静養中に東京帝国大学内田清之助矢野宗幹三宅恒方佐々木忠次郎といった碩学に昆虫学の個人教授を受け、主として朝鮮半島台湾チョウを研究。1919年、『昆虫世界』誌上にて、斯界の権威松村松年の『新日本千虫図解』の誤りを具体的に列挙し、その杜撰さを批判。

台湾産タテハチョウニレミスジ(別名ヒラヤマミスジ)などに名を残す。蒐集した昆虫標本は、歿後、東京帝国大学を経て九州大学農学部に送られた。