人生案内 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
人生案内
Путёвка в жизнь
監督 ニコライ・エック (Николай Экк)
脚本 アレクサンドル・ストルペル (Александр Столпер)
ニコライ・エック
レギナ・ヤニュシュケヴィッチ (Регина Янушкевич)
出演者 ニコライ・バタロフ (Николай Баталов)
イヴァン・キュルリュア (Йыван Кырла)
ミハイル・シャロフ (Михаил Жаров)
撮影 ワシリー・プローニン (Василий Пронин)
編集 ヤーコフ・ストリャール (Яков Столляр)
製作会社 メシュラブポムフィルム (Межрабпомфильм)
公開 1931年6月1日
上映時間 106分
製作国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
言語 ロシア語
テンプレートを表示

人生案内』(じんせいあんない、ロシア語: Путёвка в жизнь英語: Road to Life)は、ゲンリフ・ヤゴーダグラグの下、マトヴェイ・カモイロヴィッチ・ポグレビンスキー (Матвей Самойлович Погребинский) が管理していたボリシェヴィキの労働キャンプにおける、少年たちの再教育を主題とした[1]ソビエト連邦初期の劇映画。ソ連最初の音声付き映画であり、1931年6月1日に初公開された。

1932年、この作品は、第1回ヴェネツィア国際映画祭において監督賞を受賞し、その後、世界197か国で上映され、ソビエト連邦の映画の国際的な評価を高めた。また、26か国がこの映画を購入した。

脚注[編集]

  1. ^ Хиллиг, Гётц. А. С. Макаренко и Болшевская коммуна // Постметодика, № 2, 2001 «Громадянська освіта в школі»

外部リンク[編集]