人工乳房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

人工乳房(じんこうにゅうぼう)とは、シリコーンで作られた胸に貼り付けて使用するリアルな乳房のこと。

女性が乳癌などにより手術で[乳房]を失った場合に乳房の形状を再現するために用いられる。

その効果はアピアランスケアとして心のサポートをするだけでなく、体のバランスを保ったり、普段の生活の質の向上に役に立つ。

日本独自の製品であり海外のものと比較するとそのリアルさは際立つ。日本では温泉などで裸体になることが独自の発達に影響したものと考えられる。

【名称は同じだが全く違うもの】 乳房再建手術に使用されるインプラントのシリコーンバッグも厚生労働省が「人工乳房」と呼称しているので混同しやすいがまったく違うものである。

【メーカー】 人工乳房と人工ニップルの各タイプを製造販売している主なメーカーは3社である。

・池山メディカルジャパン 日本で初めて人工乳房を作った人工乳房のパイオニア。カスタムメイドの人工乳房が主力。

・ナチュラルブレスト 3D技術に特徴があり日本で唯一3Dプリンターで人工乳房の型を作る。セミオーダー人工乳房は業界1の種類がある。

・マエダモールド 池山メディカルで学び独立。建築資材メーカーの下請けで石膏を扱っていたため石膏型の技術を利用。

関連項目[編集]