交響曲第2番 (諸井三郎)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第2番作品16は、諸井三郎1937年から1938年にかけて作曲した交響曲。演奏時間は約40分。

概要[編集]

1937年8月24日から1938年1月11日にかけて作曲された。初演は1938年10月12日日比谷公会堂におけるヨーゼフ・ローゼンシュトック指揮による新交響楽団第195回定期演奏会において初演された。

編成[編集]

フルート3(ピッコロ持ち替え1)、オーボエ2、コーラングレ1、クラリネット3(バスクラリネット持ち替え1)、ファゴット3(コントラファゴット持ち替え1)、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバ1、ティンパニ弦楽五部

作品の内容[編集]

第1楽章 Allegro con spirito[編集]

ニ調、4分の4拍子、ソナタ形式。第1主題が弦楽器に現れ[1]フガートの形をとる[2][1]。全合奏でこの主題が確保されると、オーボエと弱音器つきトランペットに第2主題が現れる。木管に第1主題がストレッタの形をとって姿を見せ、第2主題が強奏されて展開部に入る[2]。展開部の前半は第1主題反行形を主に取り扱い[3][2]、後半は金管による第2主題の展開に重きをおく。やがて第1主題冒頭が弦に繰り返し現れ、全合奏による第1主題になだれ込む。第2主題も金管に現れ、2小節のバス・オスティナートの上に主題の各部が対位法的に組み合わされ、壮大な結尾を形成して終止する[2]

第2楽章 Andante quasi adagio[編集]

ハ調、ABABAの複合三部形式。Aは4分の3拍子でフルートとピッコロの高音域で開始され、コーラングレとファゴットによる楽想を導きだす。金管を加えてやや変化を見せると、4分の4拍子のBに入り、チェロが表情豊かな旋律を奏する。このあとテンポの変化を含みながらABともに再現され、Aによる短いコーダで終わる[4]

第3楽章 Allegro maestoso e risoluto[編集]

ニ調、ABAの三部形式。Aは4分の6拍子で、低音部の力強い歩みで始まる。この主題は様々な要素を加えながらフガートの形をとり、クライマックスで主題が再現され、ひっそりと閉じる[4]。続くBは4分の3拍子、Allegro con brioで、それ自体ソナタ形式をとる[5][4]。ティンパニと低音弦のリズムに乗ってクラリネットに[4]第2楽章のA部分の主題の変形である第1主題が提示される。第2主題は第1楽章第1主題と同じ音程関係を持つ旋律で[6][7]、このB部分において交響曲全体の有機的統一が図られている[7]。展開部のあと第2主題、第1主題の順で再現が行われ[5][4]、A部分が復帰してくる[7]。楽章冒頭とは異なり、いきなりフガート部分から開始される[6][7]。コーダはB部分の第1主題が姿を見せるが、A部分の冒頭のモチーフが全合奏で奏され、力強く[7]強奏して[6]曲を閉じる[7][8]

出典[編集]

  1. ^ a b 金子 1979, p. 186.
  2. ^ a b c d 柴田 1995, p. 3.
  3. ^ 金子 1979, p. 187.
  4. ^ a b c d e 柴田 1995, p. 4.
  5. ^ a b 金子 1979, p. 188.
  6. ^ a b c 金子 1979, p. 189.
  7. ^ a b c d e f 柴田 1995, p. 5.
  8. ^ 金子 1979, p. 190.

参考文献[編集]