交野節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交野節(かたのぶし)は、大阪府下にて、歌われている河内音頭の元節。江戸時代中期 - 後期にかけて、河内国交野郡(現在の大阪府交野市全域、枚方市の大部分及び寝屋川市の一部)において起こった。

概要[編集]

右田伊佐雄によれば、昭和に流行した鉄砲光三郎による鉄砲節は、交野節→歌亀節→初音節→鉄砲節と変遷したとされており、右田は交野節を「鉄砲節のヒイジイサン」と表現している[1]。また、右田は交野節が河内地方に伝わる各地域の伝承音頭を「食いつぶした」と表現しており[1]、土地ごとの節の存在が薄れてしまうほど、交野節が村から村へと伝わったことを示唆している。

また、村井市郎[2]によれば、交野節の発祥地である、交野市・枚方市において、尊延寺や星田といった集落単位での節と踊りの多様性があったことが明らかにされており、その中でも、枚方市尊延寺地区に伝わる交野節が、その素朴さ故に最古の節であることが示されている[要ページ番号]。一方で、尊延寺地区の節として紹介されている交野節の譜面は、星田地区の譜面であるという、錯誤が生じていた[3]

村井とも親交があり、尊延寺地区で活動していた美谷川菊若は2002年に交野節の保存が評価され、 「第8回 なにわ伝統芸能等功労知事表彰」を受けた[4]。美谷川菊若の死後、2017年1月に同地域において、生前の美谷川菊若と親交の深かった有志により、交野ヶ原 交野節・おどり保存会が発足する。

その後、交野ヶ原 交野節・おどり保存会[3]が、村井が最古と示していた尊延寺地区の譜面を同会の冊子に記載したことにより、村井が残した錯誤が整理される形となった。

2018年には、全日本民踊指導者連盟課題曲として、テイチクレコードより、「交野節ー石川五右衛門」が収録・販売された。この楽曲のネタと節は尊延寺地区のものであるが、踊りは星田地区に伝わるものを合わせる。また、通常の交野節は、太鼓とお囃子のみであるが、今回のアレンジではオーケストラをバックに歌われている[5]

地域ごとの多様性[編集]

交野ヶ原 交野節・おどり保存会によれば、交野市・枚方市だけでも踊りや節などが集落ごとに存在しているという[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 右田伊佐雄 (1978年10月). 大阪の民謡. 柳原書店. pp. 60,178. 
  2. ^ 村井市郎 (1994年8月). 河内の音頭いまむかし. 八尾市役所市長公室広報課. 
  3. ^ a b c 交野ヶ原 交野節・おどり保存会 (2019年2月). 交野ヶ原の交野節について 平成決定版. 交野ヶ原 交野節・おどり保存会. 
  4. ^ NTT労組退職者の会大阪支部協議会 結成 10周 年記念行事 ・文化祭 いきいき講座 プログラム”. 2019年2月15日閲覧。
  5. ^ 【テイチク民謡会レコーディング】”. 2019年2月8日閲覧。

関連項目[編集]