交通革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

交通革命(こうつうめいかくめい)とは歴史において用いられている用語。これは社会において交通網が発達すると同時に人の移動や物の流通が盛んとなり、これにより社会が発展するという形で社会が大きく変化をするということ、およびその時期。交通革命が発達することとなった要因としては、科学技術の発達により新たな交通手段が生まれ、このことにより従来の交通手段と比較したならば一度に大量の物資を輸送することができるようになったり、短時間で輸送することができるようになったなどといった事柄が存在する。他には企業家汽船鉄道などといった交通を業務とする企業を設立し、その企業が多くの人々の需要に叶っていたという形で成功をしたということが社会の発展に寄与をしたなどといった事柄が存在する。

外部リンク[編集]

  • 植村福七「米国交通政策の転換 : 鉄道を中心とする交通革命について」『香川大学経済論叢』第30巻第1号、香川大学経済研究所、1957年、 1-32頁、 ISSN 0389-3030NAID 120007011285
  • 加勢田博「19世紀アメリカ西部河川輸送に関する一考察」『關西大學經済論集』第52巻第1号、關西大学經済學會、2002年、 17-31頁、 ISSN 0449-7554
  • 4) 交通革命時代
  • TRIPonLine 2008