亜鉛スピネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
亜鉛スピネル
分類 酸化鉱物
スピネル
シュツルンツ分類 04.BB.05
化学式 ZnAl2O4
結晶系 等軸
晶癖 通常八面体、稀に十二面体
双晶 [111]
へき開 [111]
断口 貝殻状、不均一
モース硬度 7.5–8.0
光沢 ガラス質
深緑色、青緑色、藍色、黄色から茶色
条痕 灰色
透明度 透明 - ほぼ不透明
比重 4.38–4.60
光学性 等方性
屈折率 n = 1.79–1.80
文献 [1][2][3]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

亜鉛スピネル(Gahnite)は、スピネルグループに分類される珍しい鉱物である。緑色、青色、黄色、茶色、灰色の八面体結晶となる。オーストラリアブロークンヒル等の大規模な硫化物鉱床で閃亜鉛鉱の変質物として形成される。他に、スウェーデンファールンではペグマタイトスカルンとして見られ、アメリカ合衆国では、マサチューセッツ州シャールモントノースカロライナ州スプルースパインアリゾナ州White Picacho、メーン州トップシャムニュージャージー州フランクリン等で見られる[1][2]

1807年にファールンのファール鉱山で発見され、英名はマンガンを発見したスウェーデンの化学者ヨハン・ゴットリーブ・ガーンの名前に因んで命名された[2][3]

出典[編集]