ヨハン・ゴットリーブ・ガーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Johan Gottlieb Gahn

ヨハン・ゴットリーブ・ガーン(Johan Gottlieb Gahn、1745年8月19日 - 1818年12月8日)はスウェーデン化学者、鉱物学者、鉱山技師である。マンガンの発見者として知られる。

鉄鉱山の街ボクスナに生まれる。幼い頃父親を失い鉱山で働いた。T・O・ベリマンに鉱物学を学び分析技術に熟練した。1774年にピロルサイト(軟マンガン鉱)の還元して、金属マンガンの単離に成功した。マンガンの存在は多くの化学者が確信していたが、還元・単離は困難な作業であった。

1784年に鉱山大学の監督官になり、鉱山と精錬所の経営にも成功し、晩年は身分制議会議員にもなった。イェンス・ベルセリウスらと共同で硫酸硝酸などを製造する化学工場を設立した。