井藤公量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井藤 公量(いとう きみかず、1961年9月11日 - )は、日本弁護士岡山大学大学院法務研究科教授である。

来歴・人物[編集]

岡山五校の1つ岡山県立岡山芳泉高等学校を卒業後、同志社大学法学部に進学し、1986年、同学部を卒業。1990年、司法試験に合格。司法修習所第45期生。同期には成蹊大学法科大学院教授関聡介などがいる。

自らの受験経験から、優秀答案を中心に学習するP&Cという勉強法を提唱する。辰已法律研究所及び東京リーガルマインド、立命館大学エクステンションセンター講師を経て、岡山大学大学院法務研究科教授。

父は岡山大学卒の弁護士、財務省金融庁(旧大蔵省)のキャリア官僚で、現・金融庁政策課長の井藤英樹は実弟。

著書[編集]

  • 『P&C方式速攻司法試験突破術』(辰已法律研究所)
  • 『試験に受かる超効率勉強法』(日本実業出版社)
  • 『らくらく合格 うかるぞ宅建 2006年版』(週刊住宅新聞社)
  • 『なる本弁護士・裁判官・検察官』(週刊住宅新聞社)

外部リンク[編集]