井田友胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井田 友胤(いだ ともたね、生年不明 - 永禄8年3月9日1565年4月9日))は、戦国時代武将受領名刑部大輔美濃。父は井田胤俊、弟に氏胤井田志摩守。室は山室常隆娘。子に胤徳胤信

井田氏山室氏の客将であり、友胤は飯櫃城主・山室常隆の娘を妻に迎えているが、父胤俊の頃より千葉昌胤元服に参列するなどし、千葉氏に属していたとされる。また後北条氏家臣でもある。

天文7年(1538年)、小弓公方足利義明と後北条氏とが争った第一次国府台合戦の際に、友胤は千葉昌胤と共に後北条氏方に付き、合戦ののち同年12月20日付けで古河公方足利晴氏より感状をもって賞されている。

山室氏の客将として小池城に在った友胤は、天文17年(1548年)に大台城を築き一族と共に移住した。隣接する坂田城の城主三谷氏の内訌に介入すると、弘治元年(1555年)山室氏を後ろ盾として千葉氏の重臣三谷大膳亮胤興を討ち取り、三谷氏旧領の坂田郷を乗っ取った。

参考文献[編集]