井手三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井手三郎

井手 三郎(いで さぶろう、文久3年5月15日[1]1863年6月30日) - 昭和6年(1931年11月16日[2])は、衆議院議員中央倶楽部立憲同志会憲政会)、ジャーナリスト

経歴[編集]

肥後国飽田郡中島村(現在の熊本県熊本市西区)出身。1887年明治20年)、済々黌を卒業。中国語を学び、漢口北京を巡った。日清戦争の際には大本営附となり、第一軍民政庁通訳官を務めた。戦後、海軍軍令部嘱託として北京・天津を視察した。

1897年(明治30年)、福州に入り、「漢字新報」を創刊した。翌年、貴族院議長公爵近衛篤麿東亜同文会を創設すると、それに参加し、上海支部長に任命された。上海では「同文滬報」を発行し、1904年には「上海日報」を創刊した。1909年(明治42年)、上海居留民団行政委員に選ばれ、同副議長を務めた。

1912年(明治45年)の第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第12回衆議院議員総選挙でも再選された。

脚注[編集]

  1. ^ 『第拾壱回改選 代議士銘鑑』、国華新聞社、1912年。
  2. ^ 衆議院事務局『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』、1940年

参考文献[編集]

  • 細井肇 『現代日本の政治家』 国光社、1916年