五味均平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五味 均平(ごみ きんぺい、1877年10月 - 1924年4月14日)は、日本の官僚

略歴[編集]

長野県諏訪郡境村小六(現富士見町)に生まれ、第三高等学校から東京帝国大学法科大学を1906年卒業。高等官行政科1908年(明治41年)合格。1907年宮内省入省、御料局配属・帝室会計審査官補から、宗秩寮・図書寮・諸陵寮・帝室林野局事務官兼宮内事務官・法制局参事官を歴任。従四位勲四等

東京市本郷区(現東京都文京区)駒込曙町の自邸で病気療養中の1924年4月14日午前0時10分死去。享年48。墓所は護国寺共葬墓地。自著等の蔵書の一部は、没後の1929年に早稲田大学が購入、現在同図書館が保有している。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。