九之坪城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
九之坪城
愛知県
九之坪城の石碑と説明版
九之坪城の石碑と説明版
別名 此壷城、九ノ坪城
城郭構造 平城
築城主 簗田政綱
築城年 不明
主な城主 簗田氏
廃城年 不明
遺構 石碑、説明板
位置 北緯35度14分16.8秒
東経136度52分27.2秒
座標: 北緯35度14分16.8秒 東経136度52分27.2秒

九之坪城(くのつぼじょう)は現在の愛知県北名古屋市に存在した日本の城平城)である。

概要[編集]

この城は、簗田政綱が来る以前の有力者が「此壷城(このつぼじょう)」と称してこの地に建てたを改築された建物である。

歴史[編集]

簗田政綱は初めは斯波氏の家臣であったが、後に織田信長に仕え、戦功によりこの城を与えられた。永禄3年(1560年桶狭間の戦いの際には今川義元の動きを探り、大きく貢献した。その後豊臣秀吉柴田勝家等と共に各地に転戦し、数々の功績を残した。

現在の状況[編集]

現在はシルバーセンター等になっており、石碑が建てられている。近くに北名古屋市健康ドームがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]