乙息記可汗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

乙息記可汗(いつしょくきかがん、拼音:Yǐxījìkĕhàn、? - 553年)は、突厥可汗伊利可汗の子(『周書』)。乙息記可汗というのは称号で、姓は阿史那氏、名は科羅という。『隋書』では伊利可汗の弟で逸可汗と表記。

生涯[編集]

西魏廃帝元年(552年)、伊利可汗が死に、その後を継いで大可汗に即位し、乙息記可汗と号す。乙息記可汗は早速、柔然可汗の鄧叔子沃野鎮の北の木賴山にて破る。

西魏廃帝2年(553年)3月、乙息記可汗は西魏に遣使を送って馬5万匹を献じた。乙息記可汗が病死し、弟の俟斤(イルキン:官名)が立ち、木汗可汗と号した。

[編集]

参考資料[編集]

  • 周書』(列伝第四十二 異域伝下)
  • 隋書』(列伝第四十九 北狄)