丸木戸マキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丸木戸 マキ
活動期間 2015年 -
ジャンル ボーイズラブ漫画
少女漫画
代表作ポルノグラファー
インディゴの気分
『アケミちゃん』
『目を閉じても光は見えるよ』
『オメガ・メガエラ』
テンプレートを表示

丸木戸 マキ(まるきど マキ)は、日本漫画家

人物[編集]

主にボーイズラブ作品、少女漫画作品を手掛ける漫画家。

2015年に「水曜の朝、午前3時30分」(ふゅーじょんぷろだくと『BABY』掲載)でデビュー。『ポルノグラファー』(祥伝社、2016年)が初コミックス。その他の著書に、『インディゴの気分』(2017年)『アケミちゃん』(2016年)『目を閉じても光は見えるよ』(2017年)。現在、講談社『コミックスDAYS』にて一般作『オメガ・メガエラ』を連載中[1][2][3]。また、祥伝社『onBLUE』にて『ポルノグラファー 』の続編にあたる「續・ポルノグラファー プレイバック」を連載中[4]

初コミックス『ポルノグラファー』は、ボーイズラブ漫画として初めて実写連続ドラマ化し、フジテレビ関東ローカルで放映され、FODにて配信されている[5][6][7]。続編の『インディゴの気分』も実写化しFODにて配信中である[8]

作品[編集]

ポルノグラファー』(祥伝社『号外 on BLUE』掲載)が初コミックス。その他の著書に、『インディゴの気分』『アケミちゃん』『目を閉じても光は見えるよ』。現在、祥伝社『on BLUE』にて「續・ポルノグラファー プレイバック」を、講談社『コミックスDAYS』にて「オメガ・メガエラ」をそれぞれ連載中[3][9]

  • デビュー作「水曜の朝、午前3時30分」のタイトルは、サイモン&ガーファンクル「水曜の朝、午前3時」をもじっている。

単行本[編集]

  • 『ポルノグラファー』(祥伝社、on BLUE comics、2016年5月)
  • 『アケミちゃん』(フロンティアワークス、ダリアコミックス、2016年6月)
  • 『インディゴの気分』(祥伝社、on BLUE comics、2017年8月)
  • 『目を閉じても光は見えるよ』(集英社、ドットブルームコミックス、2017年12月)
  • 『オメガ・メガエラ(1)』(講談社、講談社コミックプラス、2018年7月)
  • 『オメガ・メガエラ(2)』(講談社、講談社コミックプラス、2019年2月)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “丸木戸マキ特集”. on BLUE 24: 3. (2016). 
  2. ^ “漫画家 丸木戸マキ インタビュー”. Febri 51: 154-157. (2018). 
  3. ^ a b “ポルノグラファードラマ化記念特集”. on BLUE 37: 4. (2018). 
  4. ^ [オンブルー onBLUE]”. www.shodensha.co.jp. 2019年3月21日閲覧。
  5. ^ ザテレビジョン「竹財輝之助・猪塚健太W主演で“純粋でちょっとエッチな”恋愛ドラマが誕生 (1/2) | テレビ・芸能ニュースならザテレビジョン」『ザテレビジョン』。2018年11月23日閲覧。
  6. ^ BLコミック『ポルノグラファー』ドラマ化 竹財輝之助&猪塚健太W主演 /2018年7月13日 - エンタメ - ニュース - クランクイン!” (日本語). www.crank-in.net. 2018年11月23日閲覧。
  7. ^ Inc., Natasha,. “丸木戸マキのBL「ポルノグラファー」実写ドラマ化!竹財輝之助&猪塚健太がW主演(コメントあり) - コミックナタリー” (日本語). コミックナタリー. 2018年11月23日閲覧。
  8. ^ ポルノグラファー ~インディゴの気分~” (日本語). フジテレビ. 2019年3月21日閲覧。
  9. ^ 丸木戸マキ (2019). “續・ポルノグラファー プレイバック”. on BLUE 39: 79. 

外部リンク[編集]