中藤淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中藤 淳(なかふじ あつし、1954年 - )は、日本心理学者愛知県立大学教育福祉学部教授

来歴・人物[編集]

長野県松本市生まれ。 1973年(昭和48年)長野県松本県ヶ丘高等学校卒業[1]1981年(昭和56年)信州大学人文学部を経て [2]名古屋大学大学院文学研究科博士課程前期課程修了 [3]愛知県立大学教育福祉学部教授 [4]。 専門は心理学臨床心理学)。

エピソード

高校時代(1970年1973年)には、大阪市立大学教授の保尊隆享とは同じ小林初命(古文)教室のクラスメイトでもある [5]

所属学会[編集]

著作論文・共著編[編集]

  • 『心理から教育へ』中藤淳(共著) ナカニシヤ出版 1994年
  • 『ゲシュタルト心理学の原理』中藤淳(共訳) 福村出版 1988年
  • 『心身に障害をもった子供とその母親について』中藤淳 愛知県立大学文学部論集 (43)31 1994年
  • 『現代の若者の精神保健の動向(5)-進学との関係について』中藤淳 愛知県立大学教育福祉学部論集,64,87-99 (2016-01-29)
  • 『現代の若者の精神保健の動向(4)-結婚との関係について』中藤淳 愛知県立大学教育福祉学部論集,63,51-60 (2015-03-03)
  • 『現代の若者の精神保健の動向(3)-収入や雇用、就職との関係について』中藤淳 愛知県立大学教育福祉学部論集,62,99-107 (2014-02-14)
  • 『現代の若者の精神保健の動向(2)-精神保健上の変化の要因について』中藤淳 愛知県立大学教育福祉学部論集,61,91-100 (2013-02-27)
  • 『現代の若者の精神保健の動向(1)-精神保健上の変化について』中藤淳 愛知県立大学教育福祉学部論集,60,35-46 (2011)
  • 『「他者への共感・コミュニケーションの障害」の予防・改善-国立療養所鈴鹿病院での症例を中心に 』中藤淳 社会福祉研究,1(2),59-68 (2000-03-01)

ほか

参考文献・脚 注[編集]

  1. ^ 県陵25会(小林教室)昭和48年卒(松本県ヶ丘高校同窓会 母校愛のリレー)
  2. ^ [P292.参照『昭和55年度会員録 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会』 - 社団法人 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会/編(1980.2)]
  3. ^ 「教育福祉学部 教員- 愛知県立大学」閲覧
  4. ^ 「中藤淳(教育福祉学部 社会福祉学科)」閲覧
  5. ^ [P30./P292.参照『昭和55年度会員録 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会』 - 社団法人 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会/編(1980.2)]

外部リンク[編集]