中武駿介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中武駿介 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナカタケ シュンスケ
ラテン文字 NAKATAKE Shunsuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-06-19) 1990年6月19日(31歳)
出身地 宮城県仙台市
身長 174cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム マレーシアの旗 ヌグリ・スンビランFA
ポジション MF
背番号 7
ユース
日本の旗 仙台FC
2009-2013 日本の旗 神奈川大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013 シンガポールの旗 ユーノス・クレセントFC
2014-2015 シンガポールの旗 ホウガン・ユナイテッドFC 37 (1)
2016-2017 マレーシアの旗 クアンタンFA 40 (1)
2018 マレーシアの旗 PDRM FA 15 (1)
2019-2020 マレーシアの旗 ヌグリ・スンビランFA
1. 国内リーグ戦に限る。2020年11月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中武 駿介(なかたけ しゅんすけ、1990年6月19日 - )は、日本の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(CMF/DMF)。

経歴[編集]

ユース[編集]

仙台FCの下部組織に在籍した後[1][2]神奈川大学が1部に所属していたのもあり同校のセレクションを受けるも落第、指定校制度を用いて進学した[3][4][2]

ユーノス・クレセントFC[編集]

Sリーグでのプロ契約を目指しシンガポールへ渡ったが、同リーグの5人の外国人枠は全チームで埋っていたため、契約とはならなかった。しかしながらここで諦めず、シンガポール・ナショナルフットボールリーグに所属するアマチュアのユーノス・クレセントFCに所属した[5]

ホウガン・ユナイテッドFC[編集]

ナショナルフットボールリーグでの活躍が認められ、Sリーグ 2014ではホウガン・ユナイテッドFCに加入した[5]。初シーズンではカップ戦も合わせて31試合に出場し、1得点の成績を残した[6]

その後、2015シーズンも同クラブに引き続いて在籍する唯一の外国人選手となった[7]。この年には山下訓広高橋真登とチームメイトであった[8]

クアンタンFA[編集]

2015年12月3日にマレーシア・プレミアリーグに所属するクアンタンFAへの移籍が発表された[4]

PDRM FA[編集]

2018シーズンにPDRM FAに加入した。

ヌグリ・スンビランFA[編集]

2019シーズンにヌグリ・スンビランFAに加入した。

2020年引退[9]

個人成績[編集]

2015年12月1日現在
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
シンガポール リーグ戦 リーグ杯シンガポール杯 期間通算
2014 ホウガンU 7 Sリーグ 26 1 4 0 1 0 31 1
2015 11 0 0 0 0 0 11 0
通算 シンガポール Sリーグ 37 1 4 0 1 0 42 1
総通算 37 1 4 0 1 0 42 1

脚注[編集]

  1. ^ 中武 駿介”. 仙台FC. 2016年3月18日閲覧。
  2. ^ a b 中武駿介”. 講談社. 2016年3月18日閲覧。
  3. ^ 神大の柱 仲田一斗&中武駿介インタビュー”. CSPark (2012年9月25日). 2016年3月18日閲覧。
  4. ^ a b 神奈川大学出身の中武駿介がマレーシアのクアンタンFAへ移籍”. サッカーキング (2015年12月3日). 2016年3月18日閲覧。
  5. ^ a b Nakatake finally gets his chance”. The New Paper. 2016年3月18日閲覧。
  6. ^ 中武駿介 - Soccerwayによる個人成績
  7. ^ Hougang Snap Up Ex-Real Madrid "C" Striker”. S.League. 2016年3月18日閲覧。
  8. ^ シンガポール1部ホーガン・ユナイテッドが日本人3選手と契約”. サッカーキング (2015年1月16日). 2016年3月18日閲覧。
  9. ^ プロとしてのサッカーから引退することを決めました。 Twitter、2020年11月1日。

外部リンク[編集]