中村福助 (高砂屋5代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高砂屋五代目 中村福助(たかさごや ごだいめ なかむら ふくすけ、1910年(明治43年)7月21日 - 1969年(昭和44年)1月1日)は大阪の歌舞伎役者。本名(戸籍名)は笹木 徳太郎(ささき とくたろう)。

人物[編集]

大阪市南区生まれ。屋号は高砂屋三代目中村梅玉の養子。

大阪の南区東清水町で生まれる。

1916年(大正5年)5月、大阪中座で四代目中村政治郎の名で初舞台。1935年(昭和10年)1月、中座『石田局』の奴矢田平で高砂屋五代目中村福助を襲名。

1936年(昭和11年)、東宝劇団に参加したが1940年(昭和15年)に松竹に復帰。その後は初代中村吉右衛門の勧めで東京に移住した。以降、吉右衛門劇団に籍を置くが東京の歌舞伎になじめなかった為、晩年は活躍拠点を関西歌舞伎に移した。

1958年(昭和33年) には『七人の会』に参加。古風で大らかな芸風で『石切梶原』の大庭、『封印切』の八右衛門、『俊寛』の瀬尾などの敵役を得意とした。

1965年(昭和40年)秋、九州地方の巡業で『寺子屋』の源蔵役の稽古直前に腰を痛め、その後初日の舞台に出演することが出来ずそのまま休養に入る。闘病生活の後、東京の自宅で死去。

梅玉の名跡については、平成4年松竹株式会社永山会長のすすめ、また遺族(笹木笑子)も賛同した上で、中村歌右衛門の養子 八代目成駒屋中村福助に継承させることとなり、四代目梅玉が誕生した。

出演[編集]

関連項目[編集]