中村好明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 好明(なかむら よしあき、1963年 -)は日本の実業家。一般社団法人日本インバウンド連合会理事長

■略歴、各種役職

1963年、佐賀県生まれ。上智大学出身。2000年㈱ドン・キホーテ入社。広報・IR・マーケティング・新規事業の責任者を経て、08年7月、社長室ゼネラルマネージャー兼インバウンドプロジェクトの責任者に就任。13年7月、㈱ジャパン インバウンド ソリューションズを設立、その代表に就任。ドン・キホーテグループに加え、国・自治体・民間企業のインバウンド分野におけるコンサル業務、教育研修事業、プロモーション連携事業に従事。2017年4月、一般社団法人日本インバウンド連合会(JIF)理事長に就任。官民連携・公民連携した日本全体のインバウンド振興に取り組む。日本インバウンド教育協会理事。ハリウッド大学院大学客員教授。日本ホスピタリティ推進協会理事・グローバル戦略委員長。全国免税店協会副会長。みんなの外国語検定協会理事。関西美食ツーリズム推進協議会会長。観光政策研究会会長。京都府観光戦略会議委員。熊本市MICEアンバサダー。

■寄稿・著書

週刊誌『トラベルジャーナル』のコラム連載の他、著書に『ドン・キホーテ流 観光立国への挑戦』(メディア総合研究所、2013年)、『インバウンド戦略』(時事通信社、2014年)、『接客現場の英会話 もうかるイングリッシュ』(朝日出版社、2015年)、『観光立国革命』(カナリアコミュニケーション、2015年)、『空室が日本を救う!』(共著、ダイヤモンド社、2016年)、『地方創生を可能にする まちづくり×インバウンド 「成功する7つの力」』(朝日出版社、2016年)、『儲かるインバウンドビジネス10の鉄則』(日経BP社、2017

年)、『2020を越えて勝ち残るインバウンド戦略12の極意』(時事通信、2018年)がある。