中村哲夫 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 哲夫(なかむら てつお、1942年2月 - )は、近現代中国史学者、中国・華東師範大学歴史系客座教授。 神戸市生まれ。1967年神戸大学文学部史学科東洋史専攻卒業。70年7月大阪大学大学院文学研究科史学東洋史専攻博士課程中退。大阪大学文学部助手、富山大学教養部助教授をへて、神戸学院大学教養部助教授、84年教授。94年「同盟の時代-:中国同盟会の成立過程の研究」で大阪大学文学博士。96年同人文学部・人間文化学研究科教授(後期博士課程)。2007年、学校法人・神戸学院を退職。日本孫文研究会代表理事、社会経済史学会評議員を経歴。

著書[編集]

参考:漢語論文16編の一覧表[編集]

  1. 東亜同文会和三井財閥(『神戸学院大学紀要』第24号)
  2. 呉錦堂財閥与孫中山( 中国孫中山学会編『孫中山和他的時代――孫中山研究国際学術討論会文集』下冊 中華書局)
  3. 黄興与中国同盟会的成立( 林増平・楊愼之主編『黄興研究』湖南師範大学出版社 )
  4. 从区域研究的観点看維新運動,(広東康梁研究会刊 李時岳・方志欽主編『戊戌維新運動研究論文集』)
  5. 中国銀貨経済与日本金本位制( 『近百年中日関係論文集』中華民国史料研究中心 台北 )
  6. 試論孫中山与美国経済学( 『中山大学学報論叢・孫中山研究論文集』第9輯)
  7. 孫中山的亜洲観(広東省孫中山研究会編『孫中山与亜洲国際学術討論会論文集 中山大学出版社)
  8. 辛亥革命時期的社会史新史料(『辛亥革命与近代中国』(上冊)中華書局)
  9. 民国金漲銀落問題( 南京大学中華民国研究中心『民国研究』第1集)
  10. 関於甲午戦争時期華北農村社会史料 (中国語)戚其章・王如絵編『甲午戦争与近代中国和世界―甲午戦争100 周年国際学術討論会文集( 山東威海市 )』人民出版社、北京)
  11. 試論孫中山的人性( 『孫中山与華僑国際学術討論会論文集』孫文研究会)
  12. 孫中山与近代中国的宗族(「紀念孫中山生誕130周年国際学術討論会論文集」中国広東省中山市)
  13. 対近衛内閣発動“国民精神総動員運動”的管見( 南京第二档案館編『民国档案』第51期)
  14. 梁啓超与“近代の超克”論(『梁啓超・明治日本・西方』社会科学出版社、北京)
  15. 孫中山與国際和平論――関於孫中山民族主義的意志(林家有・高橋強主編『理想・道徳・大同』中山大学出版社)
  16. 中国近代国画的理論探索――徐悲鴻と余紹宋――(『二十世紀中国的社会与文化』社会科学文献出版社)