中村敏射

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村元気から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村 敏射
基本情報
本名 中村 敏射
階級 フェザー級
身長 172cm
体重 60kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1988-01-02) 1988年1月2日(32歳)
出身地 東京都
スタイル ムエタイ
テンプレートを表示

中村 敏射(なかむら ゆきや、男性、1988年1月2日 - )は、日本キックボクサー東京都出身。プライアナンジム所属。元WPMF世界スーパーフェザー級王者。

2009年3月にリングネームを中村元気から中村敏射(本名)に変更した。タイでのリングネームはナカムラ・オーピリヤピンヨーとなっている。

来歴[編集]

小学生の時に日本拳法を学び、その後空手を始める。中学生からキックボクシングを学び始める。

2004年2月、16歳でR.I.S.E.でデビューを果たした。

2008年11月25日、タイのルンピニー・スタジアムで行なわれた「スッグ・ペットインディー」のWPMF世界スーパーフェザー級王座決定戦でクリス・ソーワラピンと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座に就いた。

2010年2月26日、1DAYトーナメント「ムエタイマラソン」の1回戦でアレックス・ムーノス、準決勝でクリス・フォスターを破り決勝戦へ進出。決勝ではプロムエタイ協会バンタム級王者ガンワーンレック・ペッティンディーに破れるも準優勝を果たした。小林聡以来の日本人準優勝者となる。

2010年3月21日、M-1 FAIRTEX SINGHA BEERムエタイチャレンジ「NAI KANOMTOM vol.1」の初代M-1ライト級王座決定トーナメント準決勝で元全日本ライト級王者遠藤智史と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた。

2011年4月24日、REBELS.7で元全日本フェザー級王者山本真弘と対戦し、判定1-1の引き分けとなった[1]

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
11 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
8 2 4 0 1 0
2 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
山本真弘 5R終了 判定1-1 REBELS.7 2011年4月24日
遠藤智史 3R終了 判定2-0 M-1 FAIRTEX SINGHA BEERムエタイチャレンジ「NAI KANOMTOM vol.1」
【初代M-1ライト級王座決定トーナメント 準決勝】
2010年3月21日
× ガンワーンレック・ペッティンディー ムエタイマラソン
【決勝】
2010年2月26日
クリス・フォスター ムエタイマラソン
【準決勝】
2010年2月26日
アレックス・ムーノス ムエタイマラソン
【1回戦】
2010年2月26日
× TURBO 3R終了 判定0-3 R.I.S.E. 53 2009年3月29日
クリス・ソーワラピン 5R終了 判定3-0 スッグ・ペットインディー
【WPMFスーパーフェザー級王座決定戦】
2008年11月25日
デュラン・レンゾフ 4R KO(左ハイキック) World Championship MUAYTHAI 2008年6月18日
クック・ソークッカイ 5R終了 判定2-0 M-1 日タイ修好120周年記念イベント 120th ANNIVERSARY OF JAPAN-THAILAND 〜MUAY THAI HEARTY SMILES〜 2007年9月24日
長崎秀哉 3R終了 判定2-0 J-NETWORK「J-FIGHT 10」 2006年6月11日
新井義文 2R 1:00 KO R.I.S.E. X 2004年10月31日


獲得タイトル[編集]

  • WPMF世界スーパーフェザー級王座

脚注[編集]