中曽根神社 (足立区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中曽根神社
所在地 東京都足立区本木2-5-7
主祭神 国常立命雷神
創建 室町時代
テンプレートを表示

中曽根神社(なかそねじんじゃ)は東京都足立区神社

概要[編集]

室町時代千葉勝胤が築城した中曽根城の鎮守として創建された。千葉氏妙見菩薩を守護神としていたので、当初の名称は「妙見社」であった[1]

1932年昭和7年)、興野にあった雷神社を合祀して、「中曽根神社」に改称した[1]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 足立史談会 編『足立区史跡散歩 (東京史跡ガイド21)』学生社、1992年、111-112p

参考文献[編集]

  • 足立史談会 編『足立区史跡散歩 (東京史跡ガイド21)』学生社、1992年