中川仁士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中川 仁士
基本情報
階級 ジュニアミドル級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1949-05-15) 1949年5月15日(68歳)
出身地 栃木県真岡市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 25
勝ち 12
KO勝ち 8
敗け 12
引き分け 1
テンプレートを表示

中川 仁士(なかがわ ひとし、1949年5月15日 - )は、日本の元プロボクサー栃木県真岡市出身。元日本ジュニアミドル級王者。帝拳宇都宮ジム所属。

オーソドックスな技巧派ボクサーで、左右ストレートおよびボディブローを得意とした。

来歴[編集]

サッカーからボクシングへ転向。1969年プロデビュー。

1970年12月、東日本ウェルター級新人王を獲得。全日本では後の東洋王者羽草勉に敗れたが、堀畑道弘龍反町ら強豪と対戦した。1973年9月26日、加島雷三を4回KO勝ちし、日本ジュニアミドル級王座を獲得した。

1974年5月10日、初防衛戦で技巧派柴田賢治に判定負けを喫し、王座から陥落した。同年6月23日、東洋ミドル級王座を狙って王者柳済斗に挑んだが失敗に終わった。

1974年9月5日の試合を最後に引退した。

通算戦績[編集]

25戦12勝(8KO)12敗1引分け

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
加島雷三
第8代日本ジュニアミドル級王者

1973年9月26日 - 1974年5月10日

次王者
柴田賢治