中島城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中島城(なかしまじょう)は、鎌倉時代から戦国時代にかけて、尾張国中島郡中島村(現在:愛知県一宮市萩原町中島)にあった豪族中島氏中嶋氏)の居城(日本の城)。

中島城址 石碑 一宮市

城主[編集]

略歴[編集]

承久3年(1221年)6月5日嵯峨源氏の流れをくむ中島氏が当地に土着したと伝えられる。 城主は中島左衛門尉宣長を名乗り、子孫は歴代中島蔵人とも号した。 戦国時代中期以降、近隣の斯波氏織田氏織田信長)などの勢力に所領を奪われ一時没落、一族は全国に四散した模様である。

落城後、中島氏は豊臣秀吉の家臣となり、中島式部少輔氏重(のち中島氏種)は大坂城に移り大坂七手組頭に任じられた。

資料[編集]

  • 中島城址碑(一宮市萩原町中島字北方北浦)
「尾張ノ豪族中嶋氏ノ城址ナリ 中嶋氏ハ嵯峨源氏ノ末流 平安末期コノ地ヲ領シテ勢アリ 城主ノ子滅宗 妙興寺ヲ創建スルヤ百町歩ヲ寄進ス 城ハ室町末期廃サレ 一族全国ニ散在ス」一宮市長


関連項目[編集]