中山善衞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中山善衛から転送)
移動先: 案内検索

中山 善衞(なかやま ぜんえ、1932年7月7日 - 2014年6月24日)は、宗教家で、天理教の3代目真柱を務めた人物である。

人物・来歴[編集]

天理教2代目真柱中山正善の長男として、1932年昭和7年)に生まれた。

当時彼がまだ学生時代を送っていた1949年(昭和24年)10月26日に真柱継承者に選定され、1951年(昭和26年)に慶應義塾大学文学部史学科に入学。大学卒業後は1958年(昭和33年)に結婚し、後に4代目真柱となる長男中山善司を筆頭に3男3女をもうける。

1967年(昭和42年)11月14日、2代目真柱である父・正善の死去に伴い3代目真柱に就任。1998年平成10年)に長男の善司に真柱を継承させるまでの約31年間に渡り真柱を務めた。

2014年6月24日午後7時55分、心不全のため奈良県天理市三島町の自宅で死去した[1]。81歳没。

著書[編集]

  • 『僕のインタビュー - 中山善衛対談集』(天理教道友社、1962年)
  • 『道しるべ』(天理教道友社、1976年→1994年)
  • 『喜びの日日』(天理教道友社、1992年)
  • 『若者に期待する - 三代真柱お言葉』(天理教道友社編、1998年)
  • 『教会内容の充実 - 三代真柱お言葉』(天理教道友社編、1998年)

脚注[編集]

先代:
中山正善
天理教
3代真柱:1967-1998
次代:
中山善司