なかやみわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中屋美和から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

なかやみわ(本名:中屋美和[1])(1971年[1]10月22日[2] - )は、日本絵本作家

人物[編集]

1971年10月22日埼玉県大宮市(現:さいたま市)生まれ。女子美術短期大学造形科 グラフィックデザイン教室卒業[3]

キャラクターデザイナーを目指してサンリオに入社し仕事をしていたが、流行に左右されず時代を超えて愛される絵本に憧れ[4]、専門学校の絵本コースで川端誠に学ぶ[5]。出版社への持ち込みを経て[6]、制作に1年を要して[4]、「こどものとも年中向き」1997年5月号として『そらまめくんのベッド』を発表。読者アンケートの結果は好評で、次の作品も掲載されることになった[6]。1998年に『はりねずみのはりこ』(福音館書店)を刊行、以後多数のシリーズ・作品を作っている。作品によって、色鉛筆、パステル、クレヨン、水彩絵具等の画材を使いわけている[7]

2010年4月から2012年3月まで女子美術大学芸術学部アート・デザイン表現学科准教授。

受賞[編集]

  • 『くれよんのくろくん』(第12回けんぶち絵本の里大賞受賞)
  • 『くろくんとちいさいしろくん』(第28回けんぶち絵本の里大賞受賞)[8]

主な作品[編集]

  • そらまめくんシリーズ(福音館書店)(小学館)
  • くれよんのくろくんシリーズ(童心社)
  • どんぐりむらシリーズ(学研)
  • こぐまのくうぴいシリーズ(三起商行/ミキハウス)
  • ばすくんシリーズ(文:みゆきりか)(小学館)
  • やさいのがっこうシリーズ(白泉社)
  • きりかぶシリーズ(偕成社)
  • 『はりねずみのはりこ』(福音館書店)
  • 『だれかな?だれかな?(0.1.2.えほん) 』(福音館書店)
など作品多数。

参考文献[編集]

  • 「巻頭大特集 デビュー20周年! なかやみわ 愛される絵本」『Moe』第40巻第4号、白泉社、2018年4月、 6-35頁。

脚注[編集]

  1. ^ a b 中屋, 美和, 1971-”. 国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス. 2019年4月15日閲覧。
  2. ^ 自分だけの「くれよんのくろくん」絵本ができる!『くろくんたちとおえかきえんそく』なかやみわさんインタビュー(3/3)”. 絵本ナビ. 2019年4月15日閲覧。
  3. ^ 絵本作家インタビュー なかやみわ (PDF) 」 『マグちゃん通信』第10巻、射水市大島絵本館、2011年10月、 1-2頁。
  4. ^ a b なかやみわ (PDF) 」 『女子美術大学広報誌』第187巻、女子美術大学、2011年10月、 1-4頁。
  5. ^ 「巻頭大特集 デビュー20周年! なかやみわ 愛される絵本」『Moe』第40巻第4号、白泉社、2018年4月、 22頁。
  6. ^ a b 卒業生の仕事紹介詳細 なかやみわ”. 女子美術大学・女子美術大学短期大学部. 2019年4月15日閲覧。
  7. ^ 「巻頭大特集 デビュー20周年! なかやみわ 愛される絵本」『Moe』第40巻第4号、白泉社、2018年4月、 24頁。
  8. ^ 第28回けんぶち絵本の里大賞”. 国立国会図書館国際子ども図書館. 2019年4月15日閲覧。