中原南渓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中原 南渓(なかはら なんけい)は、幕末期から明治期の日本画家狩野派

都城島津家のお抱え絵師。山内多門の師。

脚注[編集]

[脚注の使い方]