中前公志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中前 公志(なかまえ こうじ、1961年1月30日 - )は、日本の実業家関西みらい銀行副会長、関西みらいフィナンシャルグループ代表取締役、大阪銀行協会副会長などを務めた。

人物・経歴[編集]

大阪府出身。1984年関西大学経済学部卒業、近畿相互銀行入行[1]。2005年近畿大阪銀行総合企画部長。2008年近畿大阪銀行執行役員経営企画部長。2010年近畿大阪銀行取締役兼常務執行役員に昇格。2012年近畿大阪銀行代表取締役専務兼りそな銀行取締役[2]。2013年から近畿大阪銀行代表取締役社長を務め[1]関西アーバン銀行及びみなと銀行との経営統合にあたった[3]。2018年関西みらいフィナンシャルグループ代表取締役[4]大阪銀行協会副会長[5]。2019年関西みらい銀行副会長[6]。2020年3月31日付で関西みらい銀行副会長を退任し[7]、2020年6月25日付で関西みらいフィナンシャルグループ代表取締役を退任[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 近畿大阪銀行社長に中前氏日本経済新聞2013/3/8付
  2. ^ 第4 【提出会社の状況】りそな
  3. ^ 「関西みらいFG」が始動 地銀で総資産6位に日本経済新聞2018/4/1 17:18
  4. ^ 株式会社関西みらいフィナンシャルグループの役員体制等について
  5. ^ 大阪銀行協、会長に三井住友銀の高島頭取日本経済新聞2018/5/25 18:17
  6. ^ 「当社グループ銀行の役員異動について」株式会社 関西みらいフィナンシャルグループ2018年12月19日
  7. ^ 当社およびグループ銀行の役員異動について株式会社 関西みらいフィナンシャルグループ2020年3月19日
  8. ^ 当社代表取締役並びに当社およびグループ銀行の役員の異動について株式会社 関西みらいフィナンシャルグループ2020年5月12日
先代
池田博之
近畿大阪銀行社長
2013年 - 2019年
次代
関西みらい銀行に合併)