世界消費者権利デー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世界消費者権利デー(せかいしょうひしゃけんりデー、英語: World Consumer Rights Day)とは国際消費者機構英語版1983年に提唱した記念日[1][2]。毎年3月15日に設定されている[2]

この記念日は、1962年3月15日にアメリカ合衆国大統領であったジョン・F・ケネディが「消費者の利益の保護に関するアメリカ合衆国連邦議会への特別教書」[注 1]を発表したことに由来し[3][4]、国際消費者機構が世界の消費者運動を祝福し連帯する記念日とした[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ケネディはこの教書によって公式に消費者には権利があることを示した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b World Consumer Rights Day”. 国際消費者機構 (Consumers International). 2016年3月3日閲覧。
  2. ^ a b c 3月15日は、「世界消費者の権利の日」です。”. 一般社団法人 全国消費者団体連絡会 (2010年3月10日). 2016年3月3日閲覧。
  3. ^ 福島みずほ (2010年3月). “大臣メッセージ”. 消費者庁. 2016年3月3日閲覧。
  4. ^ 森まさこ (2014年3月14日). “大臣メッセージ”. 消費者庁. 2016年3月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]