世界手洗いの日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インドネシアにおける「世界手洗いの日」のイベント(2008年)

世界手洗いの日(せかいてあらいのひ、英語: Global Handwashing Day)は、国際連合児童基金(ユニセフ)が提唱する国際的な行事。国際衛生年英語版2008年に設けられ、毎年10月15日に各国で普及活動が行われる[1]

ユニセフの衛生部門部長サンジャイ・ウィジェセケラは「季節性のインフルエンザから風邪まで、せっけんを使った手洗いは、最もお金がかからず効き目のある“ワクチン”といえます。エボラが発生しているシエラレオネリベリアギニアで、感染拡大を防ぐ方法のひとつとして、ユニセフは手洗いの重要性を強調しています。手洗いはエボラの特効薬ではありませんが、お金をかけずに、すぐに取り組める予防策です」と述べている[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]