世界のマーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世界のマーチ(せかいの・マーチ)は1974年4月-1981年9月ごろTBSラジオにて放送された行進曲を聴く番組であった。

概要[編集]

世界各国で聞き継がれている行進曲を、バレーボール解説者の松平康隆が毎回数曲紹介していた。番組開始の頃は松平が社員として属していた日本鋼管(現・JFEエンジニアリング)の協賛であったが、後に降板。その後一時期雪印乳業(現・雪印メグミルク)が協賛していた時代もあった。日本鋼管が提供していたころは「若い心・若い力を大切にするNKK日本鋼管」という提供クレジットがあった。

また、月1回程度「ランチタイムコンサート」と称したTBSスタジオで公開録音が行われたほか、各地のJRN加盟局にもネットしており、地方発の公開録音も行われたことがあった。松平は日本鋼管社員時代にはバレーボール男子日本代表監督他による遠征で欠席したことがあり、その時はTBSのアナウンサーらが代役をしたこともあった。

オープニング・エンディングではやはり行進曲である「ボギー大佐」が使用されていた。

放送時間[編集]

全期間を通して月-金曜6:35-6:45

出典[編集]