下毛野公時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
下毛野公時
時代 平安時代中期
生誕 長保2年(1000年
死没 寛仁元年(1017年[1]
別名 近衛府官人「第一の者」
官位 無位随身相撲使
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇
藤原道長
氏族 下毛野朝臣
父母 父:下毛野公友、母:尾張兼時
特記
事項
童話「金太郎」のモデルとなったとされる[1]
テンプレートを表示

下毛野 公時(しもつけの の きんとき)は、平安時代官人。童話「金太郎」のモデルとなったとされる[1]

略歴[編集]

下毛野氏は、10世紀以降、代々下級武官を務めた氏族であった[2]。公時は近衛府の下級官人であった下毛野公友を父、尾張兼時の娘を母として長保2年(1000年)に出生した[1]

寛弘6年(1009年)には、近衛舎人となっており、18歳で死去するまでには番長となり、その間三条天皇行幸に際しての歌舞(東遊)や、騎射真手結)、相撲使を務め、併行して藤原道長随身ともなっていた。

寛仁元年(1017年8月24日以前に相撲使としてスカウトに赴いた筑紫にて死去。享年18。

伝説化[編集]

存命中、近衛府官人「第一の者」と言われ、死後もその評判は衰えなかった[1]。『今昔物語集』では既に源頼光の郎党としての「公時」が見られており、伝説化の始まりと言える[1]。その後鎌倉時代から中世末期にかけ、「頼光四天王」伝説の定着により、次第に「金太郎」伝説となっていったと考えられている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]