上野佳也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上野 佳也(うえの よしや、1930年12月25日- )は、日本の考古学者、東京大学名誉教授。

略歴[編集]

東京出身。東京大学文学部考古学科卒、同大学院博士課程満期退学。69年「日本における円筒系縄文土器文化の研究」で文学博士。1974年金沢大学文理学部教授となり、その後東大文学部助教授、教授、91年定年退官、名誉教授、大正大学教授を務め、2001年退職した[1]先史考古学

著書[編集]

  • 『縄文人のこころ』日本書籍 1983
  • 『こころの考古学 猿人からの心性の進化』海鳴社 1985
  • 『日本先史時代の精神文化』学生社 1985
  • 『縄文コミュニケーション 縄文人の情報の流れ』海鳴社 1986

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987、2002