上田進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

上田 進(うえだ すすむ、1907年10月24日 - 1947年2月24日)は、ロシア・ソビエト文学者。 東京出身。本名は尾崎義一。尾崎宏次の兄。早稲田大学在学中に日本プロレタリア作家同盟に入る[1]

秋田雨雀の女婿[2]

編著[編集]

翻訳[編集]

  • テイモシエンコ等『映画監督学とモンタージユ論 附・ソヴエート映画の芸術的展望、チヤツプリン撮影所訪問記』訳編 往来社 1931
  • アウエルバッハ『建設期のソヴエート文学』叢文閣 1932
  • ゴオゴリ全集『死せる魂 第一部』ナウカ社 1934
  • ショーロホフ『ひらかれた処女地』ナウカ社 1933-34
  • マルクス=エンゲルスの芸術論』訳編 岩波文庫 1934
  • シヨーロホフ『静かなドン 第1部』ナウカ社 1935
  • ドストイエフスキイ全集 第3巻 死の家の記録』三笠書房 1934
  • プーシキン詩抄』ナウカ社 1936 のち改造文庫
  • ゴーリキイ『チェルカッシ 他一篇』岩波文庫 1937
  • ゴーリキイ『イゼルギリ婆さん・秋の一夜 他二篇』岩波文庫 1937
  • エフ・シルレル『マルクス・エンゲルス芸術論研究 第1輯』改造文庫 1937
  • ニコライ・ゴーゴリ『死せる魂』河出書房 名著研究文庫 1938
  • ゴーリキイ『零落者の群』岩波文庫 1938
  • コロレンコ「森はざわめく ポレシエの古い物語」『新世界文学全集』河出書房 1940
  • トルストイ『セワストポリ戦記』改造文庫 1941
  • シヨーロホフ『静かなドン』河出書房 1947
  • ゴーリキイ『幼年時代』高山書店 ロシヤ文学叢書 1947
  • イリフ, ペトロフ共著『黄金の仔牛』歴程社 1951
  • 『ゴーリキー短篇集』横田瑞穂共訳編 岩波文庫 1966

[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典
  2. ^ 戸板康二『回想の戦中戦後』108p