横田瑞穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

横田 瑞穂(よこた みずほ、男性、1904年 - 1986年2月19日)は、ロシア文学者。元早稲田大学名誉教授。

北海道函館市出身。早稲田大学露文科卒。井伏鱒二に師事した。戦時中は情報局嘱託。1949年から母校の教員となり、教授として五木寛之後藤明生を教えた。1974年定年退職。ミハイル・ショーロホフ静かなドン』の翻訳で知られる。ほかにゴーリキーゴーゴリなどの翻訳がある。

翻訳書[編集]

  • ドストエフスキイ全集 同時代者への書簡 三笠書房、1936 
  • 『文芸書簡集』ゴリキイ (ナウカ社、1936年)
  • 『大膽な子鴨』ミハイル・プリシュヴィン (中央公論社、1942年)
  • 『イ・ヴェ・スターリンマルクスエンゲルスレーニン研究所 (ソヴィエト文化社、1946年)
  • 狂人日記』ゴーゴリ(蔵原惟人共訳、日本評論社、1950年、のち岩波文庫
  • 『鋼鉄はいかに鍛えられたか』オストロフスキー(日野守人共訳、青木書店、1953年)
  • 『ロシア文学名作選』(牧書店、1956年)
  • 静かなドン』(全8冊)ショーロホフ河出文庫、1956年、のち岩波文庫)
  • 『ひらかれた処女地 第1部』ショーロホフ(岩波文庫、1957年)
  • トルストイ童話集』(牧書店、1960年)
  • 『母』ゴーリキー(岩波文庫、1963年)
  • 『ひらかれた処女地 第2部』ショーロホフ (岩波文庫、1965-70年)
  • 『ゴーリキー短篇集』(上田進共訳、岩波文庫、1966年)
  • 死せる魂』ゴーゴリ(平井肇共訳、岩波文庫、1977年)