上海航空機製造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

上海航空機製造(しゃんはいこうくうきせいぞう、簡体字: 上海飞机制造英語:Shanghai Aircraft Manufacturing Factory )は、中華人民共和国航空機製造メーカーである。本社所在地は上海

概要[編集]

もともとは1950年に設立された国営企業であったが、現在は資本主義化にともない中国航空工業グループに属している。中国政府のジェット旅客機国産化政策に基づきボーイング707を模倣してY-10を開発しようとした。同計画の失敗後、アメリカ合衆国マクダネル・ダグラス社からMD-82/83を35機ノックダウン生産し、後にMD-90を2機ライセンス生産したほか、ボーイング737の部品(水平尾翼など)を下請け製造したり、航空機の整備を行っている。また国内線向け短距離旅客機であるARJ21の開発を進めている。

外部リンク[編集]