上江隼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上江 隼人(かみえ はやと、1979年8月13日 - )は、日本オペラ歌手(バリトン)。日本声楽アカデミー会員。藤原歌劇団団員

来歴[編集]

千葉県市川市出身[1]正則学園高等学校東京芸術大学音楽学部声楽科を卒業し[2]

父親は(故)上江法明

2011年、ヴェルディフェスティバル(イタリア、パルマ王立歌劇場主催)の『イル・トロヴァトーレ』(ブッセート劇場)のルーナ伯爵を演じる[3]

ヴェルディ作曲『スティッフェーリオ英語版』では、パルマ王立歌劇場(2012年4月)や、シチリアカターニア)のマッシモ・ベッリーニ劇場(2013年10月)で、同じ役(スタンカー)を演じる[4][5]

2014年5月には、マッシモ・ベッリーニ劇場で『カヴァレリア・ルスティカーナ』アルフィオ役、『道化師』にてトニオ役を演じた[6]。同劇場の上海ツアーにも参加した。他にもイスラエルハイファ交響楽団などに呼ばれて演奏している。

2015年にはブッセートのヴェルディフェスエィバルにて『リゴレット』のタイトルロールに抜擢された[7]

日本では東京二期会のオペラに、『ナブッコ』(2012年)、『道化師』トニオ役(2012年)、『ドン・カルロ』ロドリーゴ役(2014年)、『リゴレット』リゴレット役(2015年)『トロヴァトーレ』ルーナ伯爵役(2016年)、『プッチーニの三部作』(『外套』ミケーレ役、『ジャンニ・スキッキ』スキッキ役およびタイトルロール、2018年)で出演した[8][9][10][11][12][13]。『リゴレット』では、『音楽の友』誌や朝日新聞で「道化の絶唱」と評された[要文献特定詳細情報]

2019年以降は藤原歌劇団の公演に出演している[14][15][16]

五島記念文化賞オペラ新人賞を受賞している。

脚注[編集]

  1. ^ 住んだことがある場所”. 上江 隼人 Facebook. 2020年6月12日閲覧。
  2. ^ 職歴と学歴”. 上江 隼人 Facebook. 2020年6月12日閲覧。
  3. ^ Il trovatore, Busseto 2011 - OPERALIBERA(イタリア語)
  4. ^ Stiffelio - パルマ王立歌劇場(イタリア語)
  5. ^ Stiffelio - マッシモ・ベッリーニ劇場(イタリア語)
  6. ^ CAVALLERIA RUSTICANA – PAGLIACCI - マッシモ・ベッリーニ劇場(イタリア語)
  7. ^ RIGOLETTO - マッシモ・ベッリーニ劇場(イタリア語)
  8. ^ ナブッコ - 東京二期会オペラ
  9. ^ カヴァレリア・ルスティカーナ/パリアッチ(道化師) - 東京二期会オペラ
  10. ^ ドン・カルロ - 東京二期会オペラ
  11. ^ リゴレット - 東京二期会オペラ
  12. ^ トロヴァトーレ - 東京二期会オペラ
  13. ^ 〈三部作〉外套/修道女アンジェリカ/ジャンニ・スキッキ - 東京二期会オペラ
  14. ^ 椿姫 - 日本オペラ協会
  15. ^ ランスへの旅 - 日本オペラ協会
  16. ^ リゴレット - 日本オペラ協会

外部リンク[編集]