上林恒平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上林 恒平(かんばやし つねひら、昭和24年(1949年) - )は、山形県東田川郡藤島町(現・鶴岡市)出身の、刀工。山形県県指定無形文化財(工芸技術)保持者。致道博物館評議員。

人物[編集]

人間国宝宮入行平刀匠に師事し、柳村仙寿に刀身彫刻を学んだ。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 新作名刀展・努力賞
  • 新作名刀展・高松宮賞、計2回。
  • 新作名刀展・特賞、計7回。

弟子[編集]