上坂昇 (アメリカ研究者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上坂 昇(こうさか のぼる、1942年5月29日[1] - )は、日本のアメリカ研究者、桜美林大学名誉教授。

略歴[編集]

東京生まれ。東京外国語大学卒業後、時事通信社小学館、在日アメリカ大使館勤務を経て、1988年桜美林大学教授となる。2013年定年、名誉教授[2]。専門はアメリカ研究[3]

著書[編集]

  • 『現代アメリカの保守勢力 政治を動かす宗教右翼たち』ヨルダン社 1984
  • 『アメリカ黒人のジレンマ 「逆差別」という新しい人種関係』明石書店(世界差別問題叢書) 1987
  • 『アメリカの貧困と不平等』明石書店 (世界人権問題叢書 1993
  • キング牧師マルコムX』1994 講談社現代新書
  • 『神の国アメリカの論理 宗教右派によるイスラエル支援、中絶・同性結婚の否認』明石書店 2008
  • オバマの誤算 「チェンジ」は成功したか』2010 角川oneテーマ21
  • 『アメリカの黒人保守思想 反オバマの黒人共和党勢力』明石書店 2014
  • 『カリフォルニアのワイン王薩摩藩士・長沢鼎 宗教コロニーに一流ワイナリーを築いた男』明石書店 2017

翻訳[編集]

  • アンドリュー・ハッカー『アメリカの二つの国民 断絶する黒人と白人』明石書店 1994
  • シーモア・マーティン・リプセット『アメリカ例外論 日欧とも異質な超大国の論理とは』金重紘共訳 明石書店 (明石ライブラリー) 1999
  • ティム・ワイズ『オバマを拒絶するアメリカ レイシズム2.0にひそむ白人の差別意識』明石書店 2010

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ サラリーマンから教員の道を歩んだ四半世紀
  3. ^ 『カリフォルニアのワイン王薩摩藩士』著者紹介