三遊亭圓吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三遊亭 圓吉(さんゆうてい えんきち)は、落語家の名跡。

  • 三遊亭圓吉 - 本項にて記述。
  • 三遊亭圓吉 - 後の三遊亭朝三

三遊亭さんゆうてい 圓吉えんきち
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}三遊亭(さんゆうてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}圓吉(えんきち)
三遊亭圓朝一門定紋「高崎扇」
本名 坂崎 角次郎
別名 キツネウマ
生年月日 1887年1月2日
没年月日 不詳年
出身地 日本の旗 日本
師匠 5代目三遊亭圓生
立花家橘之助
名跡 1. 三遊亭窓朝(1912年 - 1916年)
2. 立花家橘香(1916年 - ?)
3. 三遊亭窓朝(? - 1923年)
4. 三遊亭圓吉(1923年 - ?)
活動期間 1912年 - ?
所属 睦会
東京寄席演芸会社

三遊亭 圓吉(さんゆうてい えんきち、1887年1月2日 - 没年不詳)は、落語家。本名は坂崎角次郎。

1912年ころ、3代目三遊亭圓窓(後の5代目三遊亭圓生)門下で三遊亭窓朝、1916年 - 1917年ころ、立花家橘之助門下で立花家橘香。このころから睦会に所属。一時朝寝坊むらくの襲名の話もあったが立ち消えになり、再び三遊亭窓朝を経て、1923年に演芸会社の連名に窓朝の名が見え、同年4月に真打昇進し三遊亭圓吉となった。

没年、芸風など不詳。大正末に亡くなった。あだ名をキツネウマという。

出典[編集]

  • 『ご存じ 古今東西噺家紳士録』