三河三弘法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三河三弘法(みかわさんこうぼう)は、愛知県西三河地方にある霊場巡礼(弘法大師信仰)。

歴史[編集]

弘仁5年(814年)、東国を行脚していた弘法大師(空海)は三河国を巡り、遍照院西福寺密蔵院に立ち寄って自ら本尊となる大師像を刻んだと伝わる[1]。この逸話をもとに三河三弘法が開かれたが、開創年や開創者は定かではない。弘法大師が開いた真言宗の寺院は遍照院のみであり、西福寺曹洞宗密蔵院臨済宗である。なお、3寺院とも三河新四国八十八ヶ所霊場にも選定されている。3寺院とも「弘法町弘法山」「大師」「南弘法」と弘法大師にまつわる地名の場所にある。

弘法大師の月命日にあたる旧暦の毎月21日、名鉄バスによって名鉄名古屋本線三河線知立駅と三河三弘法の遍照院・密蔵院・西福寺を結ぶ路線バスが運行される。知立駅には遍照院の遙拝所が安置されている。

霊場一覧[編集]

番号 山号 名称 宗派 弘法大師 住所 他の霊場
第1番 弘法山 遍照院 真言宗豊山派 見返り弘法大師 知立市弘法町弘法山19 三河新四国八十八ヶ所霊場
東海三十六不動尊霊場
第2番 大仙山 西福寺 曹洞宗 見送り弘法大師 刈谷市一ツ木町字大師27 三河新四国八十八ヶ所霊場
三河白寿観音十八ヶ所霊場
第3番 天目山 密蔵院 臨済宗永源寺派 流涕弘法大師 刈谷市一里山町南弘法24 三河新四国八十八ヶ所霊場

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]